人気ブログランキング |
ブログトップ

きたえもんの お魚ブログ

kitaemonx.exblog.jp

お魚好きなきたえもんの魚介類日記

梅雨イサキ  120616

イサキ。


梅雨イサキ  120616_c0237483_820161.jpg



Parapristipoma trilineatum  スズキ目イサキ科。本州中部以南にすむ岩礁性。


梅雨時の今ごろ、脂が乗って旨くなる。で、「梅雨イサキ」。


あるいは麦の刈り入れの時期に旨くなるので「麦わらイサキ」とよばれます。*



梅雨イサキ  120616_c0237483_8233351.jpg

新鮮でも目が濁って見えるので、「イサキの生き腐れ」とも。たしかに!



骨が硬く、骨がのどに刺さった鍛冶屋さんが死んでしまった逸話から、「鍛冶屋殺し」の異名もあるそうです。



梅雨イサキ  120616_c0237483_8251775.jpg

市場で見つけたのは、長崎産の全長40センチ。尾柄まで身がパンパン。まさに梅雨イサキだ♪ 1尾600円。



梅雨イサキ  120616_c0237483_8261189.jpg

脂が乗る旬と、産卵期が同時に来る珍しい魚。開いたら・・・でてきましたよー。



梅雨イサキ  120616_c0237483_8275847.jpg

ぷりぷりの卵。これはかなりイケるらしいぞ。



梅雨イサキ  120616_c0237483_8291233.jpg

さっそく煮つけてみました。タラコを上品にしたようなあっさりした食味。ほくほくして旨い!



梅雨イサキ  120616_c0237483_8322493.jpg

ためしにオスの白子も試食・・・これはいただけない。ゴムのようなラードのような、妙な味。まっ、不味っ!!



梅雨イサキ  120616_c0237483_832142.jpg

やれやれ・・・気を取り直して、身を3枚におろす。



梅雨イサキ  120616_c0237483_8342621.jpg

おおっ、脂乗ってる。まさに旬だ。



梅雨イサキ  120616_c0237483_8342440.jpg

刺身。ほのかに甘く、えもいわれぬ旨さ。「極」!



梅雨イサキ  120616_c0237483_8351344.jpg

湯引き。旨味が凝縮されて、さらに甘みが増す。子供の食いつきは、これがいちばんよかった。




梅雨イサキ  120616_c0237483_8364840.jpg

オーブン焼きwithハーブ。珍しく洋風に攻めてみた。イサキは塩焼きやオーブン焼きが合いますね。旨かった。



梅雨イサキ  120616_c0237483_838365.jpg

最後は、潮汁でさっぱり締めました。梅雨イサキ、あっさりしているが、上品な脂がほのかに乗って、まさに旬の味でした。



梅雨イサキ  120616_c0237483_840787.jpg

イサキのイサキ。本体同様、「魚らしい形」。かわいいでしょ。


*麦わらイサキは、本によっては「秋口のイサキ」と書いてあるものもあります。趨勢は「麦の刈り入れ時の6月ごろのイサキ」のようで、きたえもんもこちらが正しいと思うのですが、真偽のほどは?
by kitaemonX | 2012-06-23 08:43